itone-note。

お絵かき、ゲーム、アニメの感想など気ままに書いてます

今年はコウペンちゃんブームな一年でした。(※自分の中で)

*もくじ*

長い長い前書き:コウペンちゃんについて

pic.twitter.com

Twitterを中心に大人気の、「なんでも肯定してくれるコウテイペンギンの赤ちゃん」、コウペンちゃん

こちらの、2017年4月の「出勤してえらい!」の投稿が最初の登場といわれています。

コウテイ(皇帝)」と「肯定」のダジャレから生まれた感じのようですね。
その後展開されたイラストや漫画でも、「朝起きてえらい!」「歯磨きしてえらい!」など、コウペンちゃんは日常の些細な事からなんでもほめてくれます。

……などと、今更私が説明するまでもないとは思いますが……。

 

グッズやLINEスタンプなども展開されてますし、皆さんも、どこかでこの子を見たことがあるのではないかと思います。

store.line.me

私も、たぶんどこかでこの子を見ていたはずだったのですが、特に意識はしていませんでした。
しかし、この1年、コウペンちゃんに接する(?)機会が増え、じわじわと心が癒されていき、気が付けば、心の支えの一つにまでなってしまいました。

コロナ禍の2020年でしたが、コウペンちゃんの優しさに支えられた1年ともいえるかもしれません。


……この記事は、夏頃からずっと温めてたものではあるのですが、そんな1年の支えに感謝したいという気持ち……というのはかなり無理矢理な建前だとして、
本音を言うと、とりあえず年内にこの記事を出したいという強い欲望のもと、自分がじわじわとコウペンちゃんにはまっていったきっかけを下記に書いていきます。

紹介記事なのか微妙なところだし、一体誰の得になるんだ!?という感じではありますが、
この記事で少しでもコウペンちゃんの魅力が伝わればと思います。

つい先日、落書きまとめで「良いお年を!」と締めたばかりなのに……
それを差っ引いても、大晦日の締めくくりがこの記事という……自分でもです。
年末のお忙しいところ恐れ入りますが、まったり過ごされている方には暇つぶしにはなるかもしれません。以下、どうぞよろしくお願いいたします。

 

ハマった最初のきっかけ(たぶん):星のカービィの絵本

え、いきなりコウペンちゃん関係なくない?という感じですが、
これはコウペンちゃん作者のるるてあさん繋がりです。

25周年を皮切りに、新グッズがどんどん出ている星のカービィ
私も世代的に、小さいころゲームボーイなどでカービィを遊んだ世代で(※1990年代生まれあたりは、だいたいカービィポケモンを遊んでる感覚です)、10代の頃にも自分の中でカービィブームが再燃、ファミコンの作品から当時の最新作まで遊び尽くしました。かなり思い入れの強いキャラクターです。

で、昨年から、大人も子供も癒される素敵な絵本シリーズ『いつでもカービィ』が刊行されています。

www.shogakukan.co.jp


これの第一弾・第二弾が、コウペンちゃん作者のるるてあさんのイラストだったのです。

おやすみカービィ: いつでもカービィ (いつでもカービィ 1)

星の贈りもの: いつでもカービィ (いつでもカービィ 2)


商品画像からも、ほんわか優しい雰囲気が伝わってくるかと思います。
お話は勿論、挿絵のカービィがとにかく優しく、綺麗で、大変心が洗われました。

そしてまた、るるてあさんの色使いが本当に美しくて、そこにも惹き込まれてしまいました。

きっかけ2:打首獄門同好会さんの「布団の中から出たくない」MV


打首獄門同好会「布団の中から出たくない」

これももう数年前に発表された楽曲で、かなりの再生回数を誇っているのでご存じの方も多いかもしれません。
もう、名前の通りの曲です。
ちょうど布団の中から出たくない時期にもなってきたので、よかったら上の動画を再生しながら読んでみてください。

このMVにコウペンちゃんが登場するのですが、このMVでかなりコウペンちゃんが気になってしまいました。

誰しもが冬に思うであろう「布団の中から出たくない」気持ちを熱いロックで代弁してくれる一曲ですが、コウペンちゃんのかわいらしく優しいイラストともなぜか絶妙にマッチしていて、なんというかシュールでかわいい、そんなMVでした。

曲の後半、なんとかがんばって布団から出て、ごはんの準備をしたり、アイスをもって来たり(!?)……なんでもない普通の日常をがんばるコウペンちゃんがまた健気でした。(笑)

あとは、全体的にるるてあさんの優しい色使いがまた魅力的で、やはりそこにも惹き込まれてしまいました。

 


打首獄門同好会「なつのうた」

「なつのうた」もあります。

 

最後のいちげき:地元での原画展

コウペンちゃんの原画展は前回一度やっていたようなのですが、今年はそのパワーアップ版が各地を巡回。

grayparkaservice.com
(本当は春に池袋で開催予定だったそうですが、緊急事態宣言もあり中止になってしまったようです)

なんとそのうちの1回が、私の地元での開催でした。

ちょっとずつコウペンちゃんが気になっていた矢先に地元での展覧会、これはまたとないチャンスだ!と思い、感染対策も自分なりに講じた上で行ってきました。

当時、抱えていた仕事が佳境を迎えていて、すっかり疲れが溜まっていました。
そんな中訪れたこの原画展……

優しく、美しい水彩画とともに、優しい言葉が溢れていました。

(会場内は撮影OKでしたが、念のため公式の写真を貼っておきます)

 

原画を前にして、私は涙がこぼれそうになりました。


疲れ切っていた私の心はコウペンちゃんたちの優しい世界で浄化され、
コウペンちゃんのことが、もっともっと好きになってしまいました。

f:id:sitonemaru:20201231215801j:plain

会場に残してきた遺言(

それから:コウペンちゃんを傍に置くようになりました。

f:id:sitonemaru:20201231215708j:plain

原画展にはショップも併設されてましたので、そのまま色々とお買い上げ。
それから公式のオンラインショップでも何回か新規のグッズを購入。
既に出版されていた書籍なんかも何冊か買いました。

小学館から小説なんかも出てますが、多感な中高生のお話から、働く大人たちのお話までバリエーション豊か。大人もばっちり楽しめる作品でした。

www.shogakukan.co.jp


あと、今年はSwitchで初めてコウペンちゃんのゲームも出ました。
『いっしょにあそぼ~♪ コウペンちゃん』っていいます。

youtu.be

これがまた想像以上のクオリティで、あの水彩画の微妙な滲み具合とか、色合いとかそういうのも見事に表現されていて……。

f:id:sitonemaru:20201231222734j:plain

言葉の選び方とかもまさにコウペンちゃんワールド。

f:id:sitonemaru:20201231222411j:plain

f:id:sitonemaru:20201231222838j:plain

f:id:sitonemaru:20201231222843j:plain

なんというかゲームを作った方々が、コウペンちゃんの世界観にとても真剣に向き合って作ったんだろうな~っていうのが伝わってくる良作でした。
一見子供向けっぽいかもしれませんが、むしろ大人がやるべきかもしれません。
興味を持った方、ぜひ一度遊んでみてくださいませ。

 

おわりに思うこと:コウペンちゃん、あなたが一番えらいと思う。

コウペンちゃんの世界に触れていくにつれ、昨年までの自分のことを思い出しました。
仕事で自分を追い込んでしまい、精神を病み、休職していた時期のことを……。

休職中の間、とにかく自分で自分をほめるようにしてみました。
起きただけでもえらいぞ!自分で料理作ってえらいぞ!!などなど。


……あれ、やっぱり私、どこかでコウペンちゃんと会ってたのかな。

深刻なうつ状態までにはなりませんでしたが、本当のうつになってしまうと、出勤するために電車に乗ることも、布団から起き上がることすらままならなくなってしまうと聞きました。
コウペンちゃんは、電車に乗ってえらい!とか、朝起きてえらい!とか。そんななんでもないことも褒めてくれます。

 

本当に塞ぎ込んでしまうと、自己肯定感はどんどん下がっていき、自分のことをひたすら責め続けるようになってしまう……そんな人たちにとってみれば、コウペンちゃんの存在はかなり大きなものになるんじゃないか、なんて思いました。

(実際休職期間前後の私も、ちょっとだけそんな精神状態でした。良かれと思ってしてくれた友人のアドバイスも、ぜんぶ私の心を抉っていくように感じられてしまったりとか……)

 

だから、もっと早く……去年のうちにでも出会っていればよかったなあ~とちょっと思っちゃいましたが、それでもこのコロナ禍という、誰だって塞ぎ込んでしまうような状況の中で出会えたのも、また良かったことなのかなと思います。

 

来年もまた、コウペンちゃんを傍において、時に癒されながら頑張っていこうと思います。

改めて、良い一年になりますように!

お気に入りの「神様コウペンちゃん」を置いて締めさせていただきます。
非常に長い散文ではございましたが、ご一読ありがとうございました。。
よいお年を!!

【らくがきまとめ】迷走しつづけた2020年

12月入ったばっかりだと思っていたら、もう年末です。
本当にあっという間でした。
相変わらず大したものは描いてませんが、今月もきっちりまとめを提出(?)させていただきます。

 

 *もくじ*

 

使っていない蛍光ペンを消費しようキャンペーン(謎)

高校生くらいからでしょうか、蛍光ペンを使う頻度が少なくなり、
貰い物だったり、なんとなく色が綺麗だったからっていう理由で買ったはいいけど、
全然使ってなかったりするんですよね……。

蛍光ペンで素敵なアートを描かれる方なんかもいるので、
いつかはそういったものに挑戦してみたいなーと思いつつ、
やはり描くことはないまま時だけが経っていたので、
ふと思い出したときにとりあえずやってみました、な落書きたちです。

f:id:sitonemaru:20201229154310j:plain

俯瞰の練習も兼ねてるつもり……。

 ※肌の色は別のペンを使っています

 

f:id:sitonemaru:20201229154317j:plain

鮮やかな影をつけられるのも、蛍光ペンならではかなあと思います。


ピンクツインテールってなんかアニメのヒロインの典型みたいな感じしますが、
そういう風になったきっかけというか、作品とか年代とか、
そういえばいつ頃なんだろうなっていうのをふと思いました。
90年代あたりですかね?

 

f:id:sitonemaru:20201229154332j:plain

蛍光ペンシリーズでお気に入りの一枚

なんか最近、目の中央にハイライト(光)が入ってるキャラをよく見るような……
流行ってんのかな?とか勝手に思いながら、自分のオリキャラで試してみました落書き。
蛍光ペンの発色がまた良い味を出していて、色数は少ないながらも鮮やかな1枚になったように思います。
個人的にお気に入りです。

 

夜寝る前のわるあ描き(悪あがき)

就職活動とか、その傍らでデザインの勉強とかも少しずつやっていて、
絵を描く時間がやはり圧倒的に減っています。

なんにも描かずに時間を重ねていくと、筋トレみたいなもので
そのうち描けなくなってしまいそうで、それも怖いので、
夜寝る前に、ちょっとだけ落書きをすることもあります。
そんな夜寝る前の隙間時間に生まれた落書きたち。

f:id:sitonemaru:20201229154304j:plain

反り返ったポーズを描きたかった。


 

f:id:sitonemaru:20201229210627j:plain

人魚……?鳥人間……?

散歩中にふと思いついたキャラクター(?)。
普段は清らかな水の中に棲んでいるが、いざとなったら行きたい人のところへと、
その翼で自由に飛び立っていくこともできる。
……てな感じのイメージです。(よくわからん……)

 

f:id:sitonemaru:20201229162231p:plain

頭の中のイメージをそのままミニスケブにぶつけてみた落書き。
自分の理想はいつも遠くに羽ばたいて、何度手を伸ばしても届きはしない。

 

2020年の終わりに思うこと(非常に長いので適当に読み飛ばしてください)

今年の漢字が発表される頃、自分の一年を漢字一文字で表すとしたら「迷」だなあ~なんてことをずっと考えてました。
自分でもちょっとびっくりですが、気が付けば、今年の半分以上を仕事探しに費やしていました。
自分と同い年の友人たちは着実に社会人経験を重ねているだろうに、自分ときたら……などと、他人と比べてしまって落ち込むことも何度もありました。
自分では正直あんまり自覚がないんですけど、私自身が完璧主義的な思考の持ち主だと人からは言われることがあって、なかなか妥協ができなかったこともあるのかなあと思います。これは反省ですね……。

ただ、年をまたいで動いている案件も今あるので、そこに望みをかけ(もちろん私自身も頑張って)、来月こそは就職したいところです。

とりあえず仕事がしたい、という気持ちがある一方で……
今夢中になっていることがあって、それはお絵描きではなくて、
デザインを学んだり、Web制作の勉強をしたりすることです。
それとなーく言及はしてきたかもしれませんが、将来的にはそういうお仕事に就けたら、と思っています。

勿論、そういうお仕事が大変だというお話も聞いてますので、ちゃんとしっかり勉強して、実績も作っていかなきゃと思っています。

去年までは漠然と「デザインやりたいなあ」って思ってたくらいだったのですが、
今年春~夏にかけて働いていた場所で、幸いにもデザイン業務に少しだけ携わることができて、そこで私の漠然とした気持ちは確信に変わりました。

(※期間が決まっている仕事だったのですが、それでもこのお仕事を選んだのは正解だったと今では思っています。優しい人たちにも恵まれて、社会人としてやっていく自信を取り戻すことができました。私を受け入れてくれる場所はあるって思えて、それが今でも、心折れずに就活続けられてる理由だと思っています。本当に感謝しかありません。。。)

デザインの仕事がしたい!という決意が出来た時点で、就職活動は一旦お休みして、目標に向けて勉強とか実績作りに集中すればよかったのかもしれませんが、周りの目がなんとなく気になってしまい、とりあえず職に就かなければなどと思ってしまい(実際勉強するにもお金が必要ですから、とにかく仕事にありつきたかったのは本音ではあります)、しかしそっちもまた混迷を極め、結局どっちも中途半端なまま、年末まで来てしまいました……(苦笑)
今年後半は特に、迷走してたなあ……と本当に思います。

 

で、年末ぐらいになってようやく、「ああそういえば、その肝心のゴール(目標)設定が不明瞭だったなあ」っていうことに気が付きました。遅スギィ!

改めてちょっと体制を立て直して、自分の中で「この時期までには結果出すぞ」というのをとりあえず決めました。今も頑張るし、年明けてからも引き続き頑張る所存です。


世の中も本当に混迷してましたね。
本当に、色々あった2020年も終わりますが、なんかこの年末は、個人的にいつもと気分が違ってます。

いつもだったら、「今年もなんも残せないまま終わっちゃうなあ、まだ終わってほしくないなあ」って思いながら年末を迎えるのですが、今はなぜか、来年が来ることを、心のどこかで期待しています。

 

来年こそはコロナ禍から(少しでも)脱出できたらいいなとか、
そしたら長いこと会えてない友人の元にも行きたいなあとか、
なんかそんなことばっかり考えています。……悪く言えば、現実逃避ってやつなのかな。(笑)

 
祈ることしかできないけれど、来年こそは落ち着いてほしいなと思います。
私も、今この時期に、やれることを精一杯やっていくしかないなって思います。

 

来年はもっと笑って過ごせますように。

 

相変わらずとりとめのない文章で、長くなってしまいました。すみません。

最後に(御礼)

この落書きまとめ、今年はなんだかんだいって12か月分全部更新できてます!!
このブログは本当に限られた方にしか読まれてないと思うのですが、それでも読んでくださっている方がいるからこそ続けられました。
本当に、本当にありがとうございます。

来年も変わらずマイペースにやっていくつもりですが、
こんな感じでよろしければ、どうか来年もよろしくお願いいたします。

 

では、よいお年を!!

 

 

【音楽紹介】大人なロック、でもなんとなく切なげ。藤川千愛さんのアルバム「愛はヘッドフォンから」

藤川千愛さん。
彼女のことを、今年に入るまで全く知らなかったのですが、今年の春のある日、完全に勢いで、
千愛さんのアルバム「愛はヘッドフォンから」を購入してしまいました。
愛はヘッドフォンから【初回限定盤】

よろしければ、こちらのダイジェスト(公式)を聴きながらお楽しみください。


藤川千愛2ndアルバム『愛はヘッドフォンから』全曲ダイジェスト

 

かっこいいですね~。
癖のある巻き舌と独特な掠れ声が特徴的ですが、
力強く、大人っぽい歌声も非常に魅力的です。

 

千愛さんを知ったきっかけは、現在放送中のアニメデジモンアドベンチャー:」
エンディングテーマ『悔しさは種』で初めて知りました。

 


悔しさは種/藤川千愛(アニメ『デジモンアドベンチャー:』エンディングテーマ)Music Video(”Digimon Adventure:”Ending Theme)

 
なんとなく気になって、千愛さんの公式Twitterなどを見ていたら、
千愛さんが自分と同い年であることを知りました。
すごく驚いたとともに、強烈な親近感を(勝手に)抱いてしまいました。

千愛さんの他の歌にも興味が出てきたので、他の楽曲も試しに聴いてみました。

 

探してみると、Youtubeに公式MVがいくつか上がっていました。
『東京』『神頼み』

 

……いやなんだこれ、少し前の、あるいは今の自分を歌ってるみたい……!?
歌詞にはどこか共感できる部分があり、自分の中ではぶっ刺さりまくりでした。

YoutubeにアップされていたMV付きの曲をいくつか聴いて、
これはアルバムごと買う価値があると直感。
ほとんど勢いでポチりました。それもMV付きの初回特典盤を。


なんかこう、今を生きる若者世代にはどこか刺さる曲が多いように感じたのです。

というわけで以下、
藤川千愛さんのアルバム「愛はヘッドフォンから」を聴いた感想を書いてみます。
特にアルバム前半の曲が好きなので、それらをピックアップして書いていきます。

 

♪ 東京 


東京/藤川千愛【Official Music Video】


この曲とMVで一気に心を掴まれたといっても過言ではありません。


「高収入をやたら謳ってる派手で下品なトラックが
あたしの横を通り過ぎてった 生ぬるい風が頬を撫でた
こんなふうにはなりたくないな そう思わせる大人達(あいつら)が
喜びそうな偏りのないあたし演じて掴んだ道の果てに」
 (サビの歌詞引用終了)

 

去年まで自分が東京で見ていた光景に重なる部分があり、非常に刺さった一曲でした。
歌詞では学生さん視点ですが、新社会人としての生活を東京で迎えた自分にも
重なる部分はありました。


当たり障りのないような将来を選んで、でも捨てきれない夢もあって。
中途半端に揺らいでるうちに、心を病んで、お金はなくなって。


渋谷のスクランブル交差点で、何度歌詞に出てくるようなトラックを見送ってきたか分かりません。
自分の歩む道、夢、現実。


「これでいいの?」


色々な葛藤を抱えて一人過ごしてきました。
そんな頃を思い出させ、私の心をがっしりと掴んでいった一曲でした。

初任給を奨学金の返済に充てている同期を何人も見ているので、
彼女・彼らのこともつい思い出してしまいましたね……
みんな、元気にしてるかな……。

 

♪ 神頼み 


神頼み/藤川千愛【Official Music Video】

 

「あたしをこんな駄目で性悪に作り上げたポンコツはどいつ?」 
(1番の歌詞)

 

コロナ禍の第一波が押し寄せてきた頃に公開されました。
どうにもならないような時、神様を恨みたくなるような気持ちにもなりますよね。。。
激しい曲調で訴えかけながらも、どこか切なさが伝わってくる不思議な一曲でした。

 

♪ あさぎ

あさぎ

あさぎ

  • provided courtesy of iTunes

「成長しないねって呆れられて 本音を透かして建て前でどう?
 世間知らずくらいでいい 上辺の付き合いにゃ辟易で」
(以上1番Aメロ。上記リンクで聴けますが、この後に入るため息がすごくいいなあと思います……)

「誰かをまねることに慣れて自分らしさを無駄にしてさ
 野良犬も匙を投げるしょっぱいしょっぱい自我が散らかってる」
(以上2番Bメロ。ぶっ刺さりすぎて辛いです)


このアルバムの中でも特に好きな曲です。
夢を追いかけることと、その葛藤。悔しさ。虚しさ。
周りからの言葉に呆れたり、悔しくなったり。
その気持ちを五線譜にぶつけている……。
やるせなさの一方、夢への(切ないくらいに)強い想いも伝わり、
ぐっと心を掴まれた一曲でした。

 

* 

 

この他、アルバムの後半は恋愛ソングなんかもたくさんあったりするわけですが、
どこか生々しかったり、大人っぽくお洒落な(かつかっこいい)曲が勢ぞろいで、
非常に聴きごたえのあるアルバムでした!

 

この記事をぐだぐだと温めているうちに、
なんと今年2枚目のアルバムが出てしまいました。


5分で聴く藤川千愛3rd Full Album『HiKiKoMoRi』全曲フラッシュ

その名も『HiKiKoMoRi』。めちゃくちゃ気になります!!

まだ収録曲の全曲プレビューはできてませんが、
また買っちゃおうかなあと思っています。

 

 

9月ごろには、朝の情報番組ZIP!にもご出演されまして、私もこの時ばかりは早起きして視聴しました(笑)

 

千愛さん、歌ってるときはめちゃくちゃかっこいいのに、
普段のおしゃべりとかの時はすっごく可愛らしいのです。
そこのギャップもまた魅力です。

 

ZIP!の放送では、「紅蓮華」のカバー動画が紹介されていました。
(※紹介されていたのがこれと同じものだったかちょっと覚えてないです、
  ご承知おきください……。)
すさまじい再生回数を誇っておりますが、
この動画からも千愛さんの歌唱力の高さがうかがえるかと思います。

youtu.be

ドラマやアニメの主題歌を手掛けることも増えてきたようで、
これからまた千愛さんの歌声を聴く機会が増えてくるのではと思います。

 

良かったら注目してみてください……!

 

お読みいただき、ありがとうございました♪