sitone-note。

お絵かきとかゲーム、アニメの感想とか。ノートに落書きするような感覚で書いています。

あけましておめでとうございます、2019年

 

f:id:sitonemaru:20190101224203j:image

 

もうすでに、2019年の元日も終わりそうな時間なので今更感ですが、

あけましておめでとうございます。

 

今年もマイペースに進めていくつもりですが、

どうぞよろしくお願いいたします。

 

今年一発目のお絵描きは、自分が小学校4年生の頃に作ったキャラクターのリメイク。 

なんでか「干支の擬人化(※全員少女)」を作ったことがあったのを、

元日の朝の冷えたお布団の中で思い出し、

朝ごはんを食べて少し外をお散歩した後に、少しずつ描いていきました。

 

 

今年の抱負をいろいろと考えている最中なのですが、

とりあえず、画力の向上には今年まじめに取り組みたいなと考えています。

今自分の頭の中にあって、「これはやりたい!」と思っているのが、

ポージングと背景の練習。

どうしても棒立ちのポーズが多くなりがちなので、

とにかくいろんなポーズを練習(模写)して、

表現の幅を増やしていきたいところです。

 

f:id:sitonemaru:20190101224214j:image

 

小4当時の自分の絵です(笑)リメイク前のイノシシ娘。

牙を強調したかったのだろうと思いますが、頭から牙を生やすのはどうかと思った次第です。。。

 

 

朝のお散歩で、なんとなく歩いているうちに、

当時通っていた小学校の前に立っていました。

今にして思うと、なんだか随分無機質な校舎に感じられました。

……だいたい小学校の校舎ってそんなものなのかもしれないのですが、

なんだか今更になって急にそんなことを思ったのでした。

 

そして、そんな無機質な校舎の中で、

たくさんの妄想(※創作的な意味で)をした日々を、

ぼんやりと思い出したりもしました。

 

そんな元旦でした。

 

 

2018年のらくがきまとめ

f:id:sitonemaru:20181231221238p:plain

 

今年は色鉛筆をたくさん使ったようで、

ぜんぶ貼り合わせて1枚の画像にすると、

例年に比べてかなりカラフルになった印象です。

模写っぽいこともしつつ、オリジナルのイラストもちょいちょい。

陰鬱な心象画が多いのは相変わらず^^;

 

昨日のブログで、「年越しが憂鬱なのは、その年に未練を残してるからなのかも」

と書きましたが、

2016年の同じころのブログでも大体同じようなことを書いてました。

 

……全然成長しとらんやん、自分!!

 

 

来年こそは、強い決意のもと、

悔いなく一年を過ごせるよう行動せねばと強く感じている次第です。

 

まじめに目標でも立ててみるかなあ。

「時を止めたい」

f:id:sitonemaru:20181231002038j:image

「世界中の時計を、ぜんぶ止めてしまいたいの」

(そんなことしても、時間は止まってくれないのにね)

 

 

新しい年が来るのがなんとなく嫌だなと思う時があって、

今年もなんとなく憂鬱な気持ちで年末を迎えています。

 

新年の到来を憂鬱に感じるのは、

今年に何かしらの未練があるからなのかも……?

 

なんて思ったあとで、

そういえば、同じことを数年前にも思ってた記憶があるなあ、

なんてことを更に思い出したりしたのでした。

 

だったら、来年の目標は、

「一年を悔いなく生きること」

になるのかなあ、

なんて思ったりとか。

 

 

 

……えっとですね、年明け早々、1番怖いなと思ってるのは、

来年のポケモン映画のことでしてね……。

元旦の特報(というかCM)、一体何が飛んでくるのか、

怖いやら、でもちょっとだけ楽しみなような気もしています。

なんだかんだ言って、結局見に行っちゃうんだろうなあ。

overflow

f:id:sitonemaru:20181226232324j:plain

 

 

「時間」という 小さすぎるカップ

大量の「おもい」が注がれ続けている

 

こぼれ落ちたそのみずを

あふれていくそのさまを、

ただ眺めていることしかできなくて。

 

時は、むなしく過ぎていく

目を閉じると、思い浮かぶ情景~スマブラSPのサウンドテストで振り返る、スマブラの思い出(スマブラオリジナルBGM編)

タイトル長!!

※いつも通り前置きが長いので、時間のない方、
あるいはスマブラについて知識のある方は、目次3点目に飛んでくださいませ。

 

いつも通りの長めの前置き:スマブラSP発売!

ご無沙汰しております。いとねです。

今月7日、
大乱闘スマッシュブラザーズSP」がSwitchで発売されました。

さっそくエンジョイしておりますとも、ええ!

www.youtube.com

ゲームの説明はとりあえず割愛させていただきます。

この動画の最初にある通りです!(おわり)


スマブラシリーズはこれで5作目。
今回は、今までのスマブラシリーズに登場した歴代のキャラクター、
ステージ、音楽……すべてが1つの作品に集結するという、
まさに「スペシャル」な作品となっております。

 

歴代の作品を遊ばれてこなかった方には、
この辺の凄さがあまり伝わらないかもしれませんが、
新しい作品が出るたび、ゲームハードの性能等や、キャラ同士の兼ね合いなど(?)……
もろもろの事情で、過去の作品に参戦したキャラクターが途中でいなくなってしまったり……
ステージなんかも、その時の最新作に合わせて調整がされたりしたので、
作品によっても異なっていました。

 

それらがすべて集結する今作。
ディレクターの桜井政博さん自身がおっしゃっているように、
かなり無茶して(いつも無茶してるけど)作られています。

そして今は、ダウンロードでキャラクターが後から追加できてしまう時代。
今後もキャラクターやステージ、BGMなどが追加予定だそうで、
スマブラSPは作品としてまだまだ拡がりを見せていきそうです。

 

前置きその2:スマブラサウンドテスト

スマブラには毎回「サウンドテスト」が入っております。

f:id:sitonemaru:20181216122900j:plain

(Switchは画面スクショが取れるのでほんと便利……)

ゲーム中のBGMを彩る多種多様な楽曲をじっくり楽しめるこのモード。

スマブラのBGMも、3作目となる「スマブラX」以降はさらなる多様性を見せており、
例えば、「ゼルダの伝説」のBGMを、「ワイルドアームズ」等の作曲で知られる、
なるけみちこさんがアレンジされたり……

 

f:id:sitonemaru:20181216122903j:plain
ゲーム音楽家たちによるクロスオーバーを楽しめるのも、スマブラならでは。


今作はなんと800曲以上が登場!(公式サイトより)

今回は、Switch本体を画面オフモードにすることで、
スマブラの音楽がいつでもどこでも聴けちゃう!!

なんて、贅沢な仕様になっています。


登場キャラクターの作品から出典のBGMだけでなく、
過去のスマブラオリジナルBGMもすべて集結しています。

それらを聞いていると、
過去のスマブラでの思い出が次々とよみがえってきました……。

 

というわけで、今回の記事では、
サウンドテストで聴けるスマブラのオリジナルBGMから、
過去~現在のスマブラの思い出を語ってみようと思います。
(厳密にはここまでが前書きですね。相変わらず長くてすみません)

 

サウンドテストから振り返る思い出:スマブラオリジナルBGM編

「命の灯火」

www.smashbros.com

(上記リンク先のトップでも聴くことができます)
早速「思い出」と呼ぶには新しすぎる一曲です。
今作「スマブラSP」のテーマ曲。なんとボーカル入り。

3作目「スマブラX」もボーカル入りの曲でしたが、この時はラテン語でした。
日本語のテーマ曲が入るのは今回初。
このBGMが初公開されたこちらの動画では、そのBGMの登場タイミングとともに多くのスマブラファンを驚愕させました。

www.youtube.com

 

まるでこの星の生命の輪廻をうたっているかのような、
実に壮大な歌なのですが、
一方でちゃんと「スマブラ」らしさを表現しているように思えます。

私はこれを毎朝の出勤時のBGMにしています。
これを聞くとすごく闘志がみなぎってくる……気がしますw

スマブラX:メインテーマ」

https://www.smashbros.com/wii/jp/music/music10.html

スマブラXの音楽視聴サイト(※公式)へと飛びます)

先述した「スマブラX」のメインテーマ。
多様なキャラクターが参戦する作品の世界観に合わせて、
あえてラテン語を選んだ……
そんなお話をどこかで読んだような気がします。

作曲はなんと「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる植松伸夫さん。

今作が(厳密には)最初で最後となったストーリーモード「亜空の使者」のエンディングでも使われ、非常に印象深い一曲です。

エンディングで初めて、この歌の日本語訳が表示されるのですが、
亜空の使者」をクリアした人なら(そうでなくても?)
グッとくる詞となっております。


なのですが……
これラテン語詞だったので、
いろんなところで空耳とか流行ってたような記憶があります。
某動画サイトのコメント欄にあったので覚えてるのは、
冒頭の詞が「姉歯は~♪ イミフ~♪」

……姉歯って出てくるあたりに、すごく時代を感じます。

 

スマブラDX:メニュー」

速報スマブラ拳!! : メニューの分岐

(参考に……スマブラDXのメニュー画面が掲載されています)

私のスマブラデビューは、2作目の「スマブラDX」(ゲームキューブ)でした。
当時は父も一緒にやっていて、親子で熱中した作品でした。
それだけに、このメニュー画面を聞いているだけで、当時の記憶がよみがえり、
胸が熱くなってきます。

 

スマブラfor:メニュー」

こちらは完全に私個人の思い出。
数年前まで、このスマブラのディレクターである桜井さんや先述の植松さん、MOTHER3などのゲーム音楽を作曲した酒井省吾さん、ゲームシナリオライター野島一成さん、そして指揮者の竹本泰蔵さんらが主催のゲームオーケストラコンサート、
PRESS START」が毎年開催されていました。

f:id:sitonemaru:20181216125506j:plain

2014年の公演だけは行くことができたのですが、
その公演日がちょうど、4作目のスマブラ発売日だったこともあり、
この年の公演は「スマブラ祭り」な感じでした。

その公演の、1曲目として演奏されたのが、4作目のスマブラのメインテーマ曲。

私にとっては初めてのゲームオーケストラ。
ホールに響き渡る鉄琴の音色。
豊かに広がっていくメインテーマ、感動に包まれる会場……。

メニュー画面でもこのメインテーマを聴けるわけですが、
この曲を聴くと、その感動がよみがえって、何回聞いても泣きそうになってしまうのです……。

 

「百人組み手」
(出典:大乱闘スマッシュブラザーズDX)

https://www.nintendo.co.jp/n01/n64/software/nus_p_nalj/smash/flash/1012/index.html

(「組み手」モードの紹介と画像あり。参考です)

スマブラシリーズではおなじみの「組み手」モード。
次々と現れる「謎のザコ敵軍団」をひたすら倒していくモードですね。

一体一体は耐久力が低く、すぐに吹っ飛ばされていくのですが、
百体を全部倒しきるのにはなかなか体力が要ります。

当時、この百人組み手に親子で取り掛かっていたのですがなかなかクリアできず、
二人で汗だくになりながらプレイしていた記憶があります。

耐久力があり、ふっとびにくいファイターであるドンキーで、
ステージ下段中央に陣取り、ひたすら下Bを連打していた記憶……。
この曲を聴くと、ドンキーの下B連打を思い出してしまいます。笑

 

「オールスター休憩所」
(出典:大乱闘スマッシュブラザーズDX)

これも、スマブラではおなじみのゲームモード「オールスター」で聴けるBGM。
全ファイターと連戦するモードです。


激しいBGMが多い中、珍しい癒し系の一曲で、
幼心に新鮮さを感じたのを記憶しています。

後から知ったのですが、この「オールスター」の形式や「休憩所」のシステムって、
星のカービィ スーパーデラックス」の「格闘王への道」とほとんど一緒なんですよね。そしてBGMもここからきていました。
開発者および、開発元が一緒なので、なんか納得。

 

まだまだ語り切れないぐらいなのですが、今回はこのへんで。

 

(タイトルに「スマブラオリジナルBGM編」って書いてますが、
今後続く予定はありませんw)

ホログラムの中の夢~近況報告

f:id:sitonemaru:20181111211621j:plain

 

「他人が作りだしたユメに、

自分の夢を映し出すことなど、できっこないのだ。

 

そんなこと、最初から分かっていたのに。

 

どうして嘘をついてしまったのだろう。

 

歪みにユガんで、

捻じ曲がった  わたしのユメ

 

ホログラムの水面の上で

いまも ゆらゆら揺れている」

 

=====================

おまけ:最近のらくがき

 

f:id:sitonemaru:20181111212508j:plain

 

モモとモモ。

10月29日、首藤さんの命日に合わせて、

本当は「ようこそようこ」とか「ゴーショーグン」のキャラも詰め合わせて描きたかったのだけれど、色々間に合いませんでした。

何にしても、やりたいことが多すぎてキャパオーバーな気がします^^;

一旦整理しないとなあ。

(今もまだ絶賛迷走中)

 

f:id:sitonemaru:20181111212744j:plain

来週は「ピカブイ」発売!!

USUMは今現在、四天王戦手前。

さて、発売までに間に合うかな……?

 

 

ここ最近は友人のために自作マンガを描くのが日課であり、

生き甲斐にもなりつつあるのですが、

そっちを描く楽しさを追っかけているうちに、

色付きのちゃんとした1枚絵を描くことが減ったのかなーという印象です。

 

本当は記事にしたいネタも諸々あるのですが、

「絵が描きたい!マンガの続きが描きたい!」やら、

「ゲームやりたい!」やら。

色んな欲望が渦巻いていて、なかなかブログ執筆まで行けてない状態です^^;

 

また、落書きが溜まったら、こうして吐き出すかもしれません……。