sitone-note。

お絵かきとかゲーム、アニメの感想とか。ノートに落書きするような感覚で書いています。

最近の落書きと、近況報告。ぽわぽわしてた3月

3月が、始まって、終わった。

 

そんな感じがします
(訳:あまりにもあっという間に過ぎ去っていった1か月でした)。

 

f:id:sitonemaru:20190330221159j:plain

忙しい日々に没入していくと、
自分自身が、大きな歯車に飲み込まれていくような。
そんな感覚になります。

 

f:id:sitonemaru:20190330221407j:plain

やがて心に溜まった澱みが、自分自身をのみ込んでいく。

 

「くるしいよ、いきができないよ」

 

f:id:sitonemaru:20190330221509j:plain

ある時、自分のオリキャラノートに描かれたキャラクターの数を数えたら、200近くはいました。
設定がしっかり作られているキャラから、名前すらないデザインありきのキャラまで、全部数えると300くらいはいるんじゃないかなあ……
そんな、やたら大量に作られたキャラクターたちの中でも、かなり愛着のあるオリキャラが左の人物。気付けば、彼と同い年になっていました。
これは何か大きな力が目覚めかかってるところなのですが、その力を解放するにはひどく体に負荷がかかってしまうため、しんどそうな顔をしています。中二病感満載

 

f:id:sitonemaru:20190330221926j:plain

Twitterに投げたら若干多めの「いいね」がついた一枚。
みんなセーラー服の少女がお好きなんですかね……?

実は、先に挙げた色付きの落書きの、右側の金髪少女と同一人物です。
……見えねーな。(笑)

 

f:id:sitonemaru:20190330223000j:plain

こちらもオリキャラ
なんだか突発的に、昔描いたオリキャラを描きたくなる日々です。

平日はほとんど色鉛筆を使えていなかったので、リハビリにと。

 

***************************************************************************:

ここ最近、「椎名もた」さんと言う方の楽曲にめちゃくちゃはまってます。

 

彼の曲を知ったきっかけは、sasakure.UKさんプロデュースのバンド「有形ランペイジ」による、「ストロボラスト」のアレンジ版でした。


有形ランペイジ (UKRampage) - ストロボラスト feat. 三森すずこ (Strobelast)

「ストロボラスト」はもたさんの代表曲の一つといっても良いかと思います。
聞いたことがある、と言う方もいるかもしれません。

色んな方が仰っていますが、私も、彼の曲を知ったのがなぜ亡くなった後になってしまったのだろうかと……。
それだけが心残りですね。。。

 

彼の詞が、音楽が、今の自分にすごく響いてきて、毎日のように聴いています。

もたさんの曲は、詞がどこか悲しく、切ないけれど、曲調は明るかったり、優しかったり、かといえばロックだったり。

 

歌を聴くと、どうやらもたさんは、生きることとか、大人になることとか、
色んな事で悩んでいたような形跡が読み取れます。

2015年の夏、20歳で亡くなられてしまったもたさん。
もたさんが亡くなったその夏は、私が20歳を迎えたばかりの夏でもありました。

 

20を超えて数年経ち、20歳の頃の記憶も、もう遠くへ行ってしまいそうですが、
私は未だに大人になれていない気がします。

まだ、大人と子どもの間で、揺られ続けているような。

 

だからこそ、もたさんの曲が、20を超えた今でも突き刺さったり、
逆に癒されたりするのかなと思います。

 

「誰かが生きてく一秒ずつ
言葉にできたならば
僕は生きてく気がするのさ。
言葉をばらまくように」

 

ストロボラストの一節です。
この詩を聴くだけでも、なんだか私も、生きてけるような気がして、
前を向けるような気がします。

「嘘つき。」〜最近の落書き

 

f:id:sitonemaru:20190314235714j:image

 

ひとつまえの春

「ちょっとこわいけど、もう大人にならなきゃ」

そう覚悟して、

踏み出した 新しい時間

いやがおうでも 私は大人になっていくだろうって

そう思ってた

 

1年が経った

毎日つのっていくのは、

周りの大人たちへの不満、文句

 

ちいさな私は、大人のセカイに踏み込んで

ますます子どもになっていってる気がするんだ。

 

「嘘つき。」

心のこえがそう言う

私に向かって。まわりに向かって。

 

 

*********************************************

 

f:id:sitonemaru:20190314235214p:image

 

久々に描いたオリキャラ。星の子。

中学生の頃に考案。

同一人物で、夜になると右の姿になるらしいです。

 

f:id:sitonemaru:20190314235342j:image

 

先月観に行ったミュージカル「ラブネバーダイ」にインスパイアされて描いたやつ。

 

f:id:sitonemaru:20190314235436j:image

 

綺麗なようで、ほんとは綺麗じゃない花。

 

最近のらくがき

今週のらくがきたちです。

とにかく、ノートに思いついたものを

ひたすら描きつけた1週間でした。

 

f:id:sitonemaru:20190211210210j:image

おちていく感覚。

翼が壊れていく。

 

f:id:sitonemaru:20190211210239j:image

 

周りの大人たちに、子どものままの自分が文句を言ってる。

私のこころのなかに、確実に「子どものままのわたし」がいる。

 

f:id:sitonemaru:20190211210256j:image

「自己防衛」

ガラスのような盾で、こころをまもる。

いったい、誰に? 何のために?

 

f:id:sitonemaru:20190211210505j:image

f:id:sitonemaru:20190211210528p:image

f:id:sitonemaru:20190211210552j:image

トモコレで生まれたオリキャラ同士の子を描いてみよう企画!

Miiの顔を自分の絵に落とし込むのは意外に難しいです。

 

f:id:sitonemaru:20190211210805j:image

この娘、だいぶ前にも当ブログに登場してた気がする。

 

f:id:sitonemaru:20190211210837j:image

 

「闇の世界に生きる君がいるから、私は輝いていられるのかもしれない」

「じゃあ、ぼくにはこのまま、苦しんでいろって言うのかい?」

「このまま、嘘をついて生き続けろって、そう言いたいのかい?」

 

「……君のその体は、心は、本当に嘘だらけだと思う?」

 

「ふたりいっしょに飛べたらいいのにね」

f:id:sitonemaru:20190204230357j:plain


『夢』のなかにいるほんとうの自分と、「現実」を生きる自分。

 

「現実」は『夢』を羨み、

『夢』は「現実」を憎む。

 

夢の中と、現実を行き来しながら、

わたしは、わたしをさがして、いきている。

 

あけましておめでとうございます、2019年

 

f:id:sitonemaru:20190101224203j:image

 

もうすでに、2019年の元日も終わりそうな時間なので今更感ですが、

あけましておめでとうございます。

 

今年もマイペースに進めていくつもりですが、

どうぞよろしくお願いいたします。

 

今年一発目のお絵描きは、自分が小学校4年生の頃に作ったキャラクターのリメイク。 

なんでか「干支の擬人化(※全員少女)」を作ったことがあったのを、

元日の朝の冷えたお布団の中で思い出し、

朝ごはんを食べて少し外をお散歩した後に、少しずつ描いていきました。

 

 

今年の抱負をいろいろと考えている最中なのですが、

とりあえず、画力の向上には今年まじめに取り組みたいなと考えています。

今自分の頭の中にあって、「これはやりたい!」と思っているのが、

ポージングと背景の練習。

どうしても棒立ちのポーズが多くなりがちなので、

とにかくいろんなポーズを練習(模写)して、

表現の幅を増やしていきたいところです。

 

f:id:sitonemaru:20190101224214j:image

 

小4当時の自分の絵です(笑)リメイク前のイノシシ娘。

牙を強調したかったのだろうと思いますが、頭から牙を生やすのはどうかと思った次第です。。。

 

 

朝のお散歩で、なんとなく歩いているうちに、

当時通っていた小学校の前に立っていました。

今にして思うと、なんだか随分無機質な校舎に感じられました。

……だいたい小学校の校舎ってそんなものなのかもしれないのですが、

なんだか今更になって急にそんなことを思ったのでした。

 

そして、そんな無機質な校舎の中で、

たくさんの妄想(※創作的な意味で)をした日々を、

ぼんやりと思い出したりもしました。

 

そんな元旦でした。

 

 

2018年のらくがきまとめ

f:id:sitonemaru:20181231221238p:plain

 

今年は色鉛筆をたくさん使ったようで、

ぜんぶ貼り合わせて1枚の画像にすると、

例年に比べてかなりカラフルになった印象です。

模写っぽいこともしつつ、オリジナルのイラストもちょいちょい。

陰鬱な心象画が多いのは相変わらず^^;

 

昨日のブログで、「年越しが憂鬱なのは、その年に未練を残してるからなのかも」

と書きましたが、

2016年の同じころのブログでも大体同じようなことを書いてました。

 

……全然成長しとらんやん、自分!!

 

 

来年こそは、強い決意のもと、

悔いなく一年を過ごせるよう行動せねばと強く感じている次第です。

 

まじめに目標でも立ててみるかなあ。

「時を止めたい」

f:id:sitonemaru:20181231002038j:image

「世界中の時計を、ぜんぶ止めてしまいたいの」

(そんなことしても、時間は止まってくれないのにね)

 

 

新しい年が来るのがなんとなく嫌だなと思う時があって、

今年もなんとなく憂鬱な気持ちで年末を迎えています。

 

新年の到来を憂鬱に感じるのは、

今年に何かしらの未練があるからなのかも……?

 

なんて思ったあとで、

そういえば、同じことを数年前にも思ってた記憶があるなあ、

なんてことを更に思い出したりしたのでした。

 

だったら、来年の目標は、

「一年を悔いなく生きること」

になるのかなあ、

なんて思ったりとか。

 

 

 

……えっとですね、年明け早々、1番怖いなと思ってるのは、

来年のポケモン映画のことでしてね……。

元旦の特報(というかCM)、一体何が飛んでくるのか、

怖いやら、でもちょっとだけ楽しみなような気もしています。

なんだかんだ言って、結局見に行っちゃうんだろうなあ。