itone-note。

お絵かき、ゲーム、アニメの感想など気ままに書いてます

奥井亜紀さんの「OPENER」を聴いてみました

先月、こんなアルバムを聴いていました。
奥井亜紀さんの『OPENER』といいます。

OPENER

OPENER

  • アーティスト:奥井亜紀
  • 発売日: 2012/07/25
  • メディア: CD
 

きっかけは、いつも購読しておりますrito-jhさんの記事でした。

rito.gameha.com

ちょうどこの記事で紹介されていた歌やブログの内容が、
当時の私には色々とドンピシャで、
奥井亜紀さんの楽曲がすごく気になってしまいました。
 
奥井亜紀さんのことは、
アニメのポケモンの曲『心のファンファーレ』を通して知っていました。

心のファンファーレ

心のファンファーレ

  • provided courtesy of iTunes

 
優しい声で聴く人の心にそっと寄り添いつつも、
背中を押してくれるような歌詞とメロディーが大変印象に残っておりました。
 
りとさんの記事を読んで、前から気になってた方だしちょっとアルバム借りてみるか!
と思いこちらの『OPENER』をレンタルしたところ、
「なんやこれ全部良曲やん……」となり、
つい感想を書かずにはいられなくなってしまいました。
 
久々の音楽感想記事となります。
音楽の専門的な知識はほぼ皆無なので、素人感覚の簡単な感想記事ですが、
よろしければお付き合いいただけますと幸いです。
 

♪もくじ♪

♪ 1曲目「Wind Climbing〜風に遊ばれて〜」


奥井亜紀「Wind Climbing ~風にあそばれて~」

魔法陣グルグルのエンディング曲とのことですが、
大人になってから誰しもが一度は思ったような(そして私にもかなり心当たりのある)ことが表現された歌詞に、ぐっと心を掴まれました。(特にAメロ、Bメロあたり)
だけど、サビ部分でぐいっと気分を上げさせてくれる。そんな優しい歌だと思いました。
通勤時に聴くとすごく前向きになれて良いです!

♪ 2曲目「BOYS BE BRAVE〜少年よ勇気を持て〜」


奥井亜紀「BOYS BE BRAVE ~少年よ勇気を持て~」

これがクレヨンしんちゃんの曲ということにびっくりしました。
意外と、「子供向け」とされてるアニメの曲って裏切られるくらいにいい歌が多かったりしません?
大人になってから聴くとすごく響く歌があったりとか。

「石橋だってたたきすぎたなら こわれる」

これはAメロの1節ですが(動画の方は短いバージョンなのかこの詞はないです)
私自身ものすんごく慎重な性格なので、
この詞を聴いてなんかクスッとなってしまいました。自分のこと言われたみたいで。

サビ部分でテンポを落としてますが、歌い方も歌詞も力強くなっていて、
そこがとても印象的です。
明るい曲調と前向きな詞が、背中を押してくれるような一曲ですね。
ところでこのMVの亜紀さんすごくかわいいです

♪ 3曲目「心のファンファーレ」

心のファンファーレ

心のファンファーレ

  • provided courtesy of iTunes

アニメのポケモンで使われたのとはまた別バージョンでした。
アカペラっぽいアレンジがされていて、比較的落ち着いた雰囲気。
優しさが強まってる感じがします。

♪ 4曲目「インタビュー」 

インタビュー

インタビュー

  • provided courtesy of iTunes

タイトルの付け方にセンスを感じます。
これは、公園のベンチへの「インタビュー」。
ベンチさんが、座っていった色んな人の、色んなお話を聞かせてくれる、
そんな一曲です。
通りすがりの人や、ご主人が語った家族の悲しみ、だけど気付いた大切なことなど……
ベンチさんのやさしさに心が洗われるようです。

♪ 5曲目「限りなき旅路」

限りなき旅路

限りなき旅路

  • provided courtesy of iTunes

 『ガンダム∀』で使用された曲とのこと。
dアニメで映像を確認しましたが、後半のEDテーマとして使用されたようですね。
勇気が湧いてくるような、ファンタジックで壮大な一曲でした。

なんかこう淡い青空のなか、宙に浮いた大陸がいくつもあって、大陸からは滝が流れ落ちていて、
その幻想風景の中を一つの舟が翔けていくような情景がなぜか浮かんでしまいます。

……なんかファイナルファンタジーシリーズに出てきそうな情景ですね(※ガンダムです

♪ 6曲目「月の繭」

月の繭

月の繭

  • provided courtesy of iTunes

前半の曲とはかなり印象が違う一曲。
壮大な銀河を舞う蝶の情景が思い浮かびます……
これもガンダムの曲なんですね。
とても神秘的で、個人的にぐっと惹かれた1曲です。

♪ 7曲目「カランドリエ

TVアニメ「 黄昏乙女(たそがれおとめ)× アムネジア 」 エンディングテーマ「 カランドリエ 」

カランドリエ

カランドリエ

  • provided courtesy of iTunes

大人っぽく、妖しく切ない恋の曲、といった印象。
これもまた、ほかの曲と毛色が異なっています。
間奏部分などにどことなくホラーな雰囲気も漂っていますが、
この曲がエンディングとして使われたアニメを少しだけ拝見したら
ああなるほどな、と納得しました。(ヒロインが記憶喪失の幽霊さんだそうで)
アニメを知らなくても雰囲気だけで充分素敵でしたが、
アニメのストーリーを少し知っておくとなお歌詞が入ってきますね。
(まあアニソン全体に言えることだとは思いますが)

♪ 8曲目「怪盗ラヴミー」

怪盗ラヴミー

怪盗ラヴミー

  • provided courtesy of iTunes

心地よい疾走感のラブソング。青春って感じですね~。
次の「晴れてハレルヤ」にもうまく繋がってる感じも受けます。

♪ 9曲目「晴れてハレルヤ」

www.youtube.com

はい、もう歌い出しから神曲感全開でございました。
魔法陣グルグルの主題歌ですね。
アニメは見たことがないのですが、
「スタッカートみたいに弾けるハートが」
という詞の如く、弾むように歌い上げる感じがワクワク感を演出していて、
聴いててとても元気になれる曲ですね。既に何度もリピート再生しております。

この曲をきっかけに『魔法陣グルグル』にもすごく興味が出てきたのですが、
初期の作品をどこかで配信してはくれませんかね……
新しいリメイク版は配信されているのですが。。。

♪ 10曲目「ミサイル」

ミサイル

ミサイル

  • provided courtesy of iTunes

物騒(?)なタイトルとは裏腹に、どこか切なげなバラード。
アンニュイな雰囲気で、それでいてどことなく刺さるような詞でした。
なぜタイトルが「ミサイル」なのか、いまだに分かってなかったりしますが……。

♪ 11曲目「窓」

窓

  • provided courtesy of iTunes

「もしも私のすべてをとじこめた
 部屋の鍵がなくなったとしたら
 すこしさびしいけど たぶんあたらしい
 羽根が生えたみたいに スキップするかも」
 
このサビの詞がなんだか刺さります。
新しく、変わりたい、
自分を閉じ込めている部屋から思いっきり飛び出してみたい……
抱え込んでいるいろんなものを捨て去って飛んでいけたら、
どんなに楽だろうと。心ではわかっててもなかなか出来なくて、
でもきっとできたら心が軽くなるんだろうなって……
そんなことを考える一曲です。

なんかこう、無理に「飛び出していこうよ!!」みたいに
なってないのがいいのかなあと思います。
他の詞も響くんだけど引用しまくるとキリがないのでこのへんで

♪ 12曲目「粒星」

粒星

粒星

  • provided courtesy of iTunes

Twitterのことを歌ってるとかっていう言及をちらほら見かけたのですが、
実際歌詞に「ちょっとつぶやいてみる」ってあるからそうなんでしょうかね?

私も、みんな元気かい?私はいつも通りだよってなんとなく伝えたくなることがあって、LINEのタイムラインに気まぐれで投稿してみたり、Twitterになんでもないことを呟いたりすることがあります。
ネットでのつながりは面倒なこともあるけど、離れていても繋がっていられる温もりも感じられます。こういう状況になって尚更、そんなことを思います。

まとめ:すべての人におすすめします!!

雑だなあ……。
「心のファンファーレ」でのイメージ通りといった感じで、
聴く人の心に優しくそっと寄り添いつつ、
さりげなく前向きな気分にしてくれる、そんな歌がいっぱいでした。
かと思えば、大人っぽい妖艶な曲あり、ちょっとアンニュイなバラードありと、
バラエティ豊かで聴いていて飽きません。素晴らしいですね。
少しでも興味が出てきた皆様、ぜひ一度アルバムをレンタルなり、
なんなら勢いで購入してしまうのもおススメします。
iTunesでも配信中!

OPENER

OPENER

最後に、奥井亜紀さんのアルバムを聴くきっかけを与えてくださったりとさんに感謝です!ありがとうございました(^o^)/♪
(勝手に記事を書いておいて勝手にお礼するのも変な感じかもですが……(笑))