sitone-note。

お絵かき、ゲーム、アニメの感想など気ままに書いてます

今更ですが、Miitopiaを遊んでいるので感想など書いてみます

2016年12月に、3DSで発売されたMiitopia
Miiたちの冒険を見て楽しむ、「見守りシミュレーション」ゲームです。

www.nintendo.co.jp

発売されてからずっと気になっていたのですが、
発売当時は貧乏学生でお金が足りず、なかなか買えずにいました。

 

今年1月、
積んでいたポケモンのゲーム(※ウルトラサンムーン)も落ち着いてきたことと、
社会人になって若干懐が豊かになったこともあったため、
ようやく購入に踏み切りました。

 

出勤前の朝の時間や、帰宅後などに少しずつ攻略。
(ストーリー本編を攻略している間は、土日も遊んでたかもしれません)
4月にはストーリー本編をクリアしました。

 

……ので、今更ですが、遊んでみた感想など書いてみます。
想像以上に楽しめたゲームでしたので、
ちょっと興味がある方や、そうでない方にも、
作品の魅力が伝わればいいなー、と思います!

 

*目次 

ざっくりとしたストーリー、概要

平和なMiitopiaに突如、Miiのカオを奪う大魔王が現れた!!

Miitopiaの平和を守るため、仲間のMiiとともに冒険へ!

……というのが、ざっくりとした内容です。
(ざっくりしすぎましたかね^^;)

f:id:sitonemaru:20190820205556j:plain

ストーリーや戦闘画面は、王道のRPGっぽい雰囲気。

f:id:sitonemaru:20190824160426j:plain

f:id:sitonemaru:20190824160438j:plain


普通のRPGと違うのは、基本的にはMiiたちの行動を
「見守る」ことで楽しむ、という点。
※自分の分身となる主人公だけは、行動を詳細に選択できます

 

旅を続ける中でお互いの仲良し度が上がり、
素晴らしい協力プレイや助け合いが見られたり……

f:id:sitonemaru:20190820144502j:plain

※当記事に登場するMiiはほぼ全て、私または友人のオリキャラです。

時には喧嘩をして、お互いの足を引っ張りあったりなど、
人間味あふれるバトルを観察することができます。

f:id:sitonemaru:20190824160555j:plain

 

ピンチになった時も、
Miiたちは手持ちのアイテムを使って勝手に回復してくれますが……
f:id:sitonemaru:20190820205708j:plain

f:id:sitonemaru:20190820205753j:plain

本当にまずい状況のときは、
「HPふりかけ」や「MPふりかけ」などで、
プレイヤーの立場から助けてあげることも可能。

※公式サイトでも下記動画を確認できます

youtu.be

 

サポート機能も充実しているので、ゲーム初心者の方でも安心して遊べます。

 

Miitopiaの醍醐味: キャスティングは自分好みで


Miitopiaの醍醐味は、登場人物を、自分の好きなように選べる
(=キャスティングできる)ということ。

f:id:sitonemaru:20190820144833j:plain


※小学生の頃から高校生の頃にいたるまで、色んな時期に作成したキャラが織り交ざっています。


家族や友人、知り合いにそっくりなMiiを作って登場させるもよし、
好きな有名人や、アニメ、ゲームのキャラと一緒に冒険するもよし!

主人公は自分ですので、好きなキャラ(人)に囲まれての冒険も楽しそうでいいですね。

 

Miiを作るのは苦手で……」という方も心配ご無用!
ネットに繋いでいれば、
投稿されたMiiの中から好きなものを選んで配役させることもできます!

f:id:sitonemaru:20190820145104j:plain

どなたかがおつくりになったフリーザ様。

f:id:sitonemaru:20190820145145j:plain

どなたかがお作りになった教祖様()

 

全国のMii職人(※勝手に命名)が作ったハイクオリティなMiiが集結しております。
よりどりみどり。

 

こちらの機能は、公式サイトによれば、
Wiiにあった「Miiコンテストチャンネル」の技術を流用しているとのこと。

topics.nintendo.co.jp

Miiコンテストチャンネル」、
覚えてらっしゃる方いますかね?

www.nintendo.co.jp


私はこれ、大好きでした。
全世界のMii職人が作る素敵なMiiを眺めているだけでも、
結構面白かったんですよねー。

 

SNS映えもばっちり!

2016年発売のこのゲーム、やっぱり時代を反映してるなー、と思います。
画面写真はいつでも簡単に、ボタン一つで撮影することができます。

 

ニンテンドー3DS画像投稿ツール」ともリンクしており、
ゲームから直接、SNSに投稿することができちゃいます!


え、そんなの、今時当たり前……?
……もうそんな時代になっちゃいましたね。

 

個人的な印象ですが、3DS系のゲームって、
当時はまだサービスが続いていた「Miiverse」への投稿は容易にできたような印象だったのですが、Twitterなど大手SNSに投稿するには、まず一度ゲームを中断し、「ニンテンドー3DSカメラ」を起動させ、そこからゲーム中で撮影した画面写真を選んで投稿する……という手間があり、外部SNSへの投稿はちょっとやり辛いなと思ってたので、Miitopiaの画像投稿機能は、3DSのゲームとしては画期的だなあ、などと思ったわけです。

 

Mii同士の会話は、基本的にマンガの吹き出しで表現されます。

f:id:sitonemaru:20190820152403j:plain

ストーリー本編の一部を切り取ると、まるでマンガの一コマのようです。

 

撮影した画像は、このように最大4枚繋げて投稿することが可能!

f:id:sitonemaru:20190824160633j:plain
ゲーム画面だけで4コママンガが作れちゃうわけです。

 

写真機能だけでも、かなり遊べるMiitopiaです。

 

意外と!?深いシナリオ

まず最初に、制作者の方々に謝罪いたします。
「意外」なんて思ってごめんなさい。。。

 

初心者でも安心して遊べる設計のゲームで、
世界観もかわいらしい・面白い雰囲気なので油断していましたが……

 

Miitopiaのストーリーは、個人的にはちょっと考えさせられるというか、
深いなあ……という印象でした(圧倒的語彙力の不足)。

 

f:id:sitonemaru:20190820155205j:plain

「なぜ魔王は、Miiたちのカオを奪おうとするのか?」

ストーリーを進めるにつれ、
主人公たちにはこんな疑問が浮かぶのですが……。

 

最後の戦いを経て、主人公たちは魔王の過去を知ります。

その過去を知った上で、魔王とどう決着を着けるのか。

その決断もまた、プレイヤーである我々に委ねられることになります……。

 

割と本格?!なBGM

これもまた、Miitopiaのゆるい世界観になんとなく騙されていましたが、
まず最初の戦闘で、その戦闘曲にすっかり魅了されてしまいました。

 

プレイヤーをドキドキ、ワクワクさせてくれる楽しい一曲とともに、
初めての戦闘がスタート!
最初のステージの戦闘曲は、そんな印象でした。

 

アップテンポで可愛らしく、
それでいてこちらの気持ちを明るく盛り上げてくれました。

 

Miitopiaの戦闘曲は全体的に好きです。
個人的には、第2ステージの「トナリーノの国」の通常戦闘曲が好きです!
アラビアンな雰囲気を醸し出しつつ、カッコよく仕上げられた1曲という感じです。

クリア後もやり込み要素が充実!

本編も飽きの来ない、かといって短すぎない、ほどよい長さだった印象なのですが、
クリア後もMiiたちの冒険はしっかり続きます。

f:id:sitonemaru:20190820160142j:plain

強力な敵が登場するステージが解禁。

クリア後に解放されるマップも多数あり、
新しいマップを攻略しつつ、Miiを育てていくことができます。

 

「旅人の町」にやってきた旅人たちのお願いを叶えることで、
レアアイテムやお金を得ることも。

 ※「旅人の町」は本編後半で登場します

f:id:sitonemaru:20190824152821j:plain

f:id:sitonemaru:20190824152845j:plain
難易度も色々なので、自分のMiiのレベルに合わせて挑戦できます。

 

Miitopiaは比較的親切設計になってる印象があるので、
安心して遊べるのが嬉しいところです。

 

ちょっと気になったところ

・意外と油断できない難易度

全体的には親切設計のMiitopiaですが、
それでも味方が全滅する勢いの強敵が登場するステージが、
わりと最初の方にあったりします。

 

ゲーム上級者さんでも楽しめそう、という見方もできますが、
油断して強敵のいるルートをあえて選ぶと、割と簡単に倒されちゃったりとか……。

 
クリア後も急にレベルがあがるステージがあるので、
結構苦戦してます。

f:id:sitonemaru:20190823213114j:plain

あっという間に全滅!なんてことも

戦い方とか、パーティ編成の仕方とか、
色々工夫すれば違ってくるんでしょうけども……。

 

・ある程度は避けられない「マンネリ化」

Mii同士の会話はある程度パターン化されている部分があるため、
クリア後までやりこんでいると、同じような会話を何度も見るようになるので、
ちょっと飽きてくるかな……と思うことも。

この手のコミュニケーション要素を含むゲームは、
ある程度は仕方ないですけどね。

 

ただ、クリア後は仲間にできるMiiを90人増やすことができる(!?)ので、
戦闘に出すMiiの組み合わせを変えれば、
それなりに変化を楽しめる……かもしれません。

 

 

多少の気になる点はありましたが、
Miitopiaは初心者も上級者も楽しめる、
ゆるいけれど意外と歯ごたえのある、
そんなゲームだと私は思いました!

 

こんなレビューを書くのも本当に今更な感じですが、
実はまだ購入を迷ってて……なんて方がいましたら、
ぜひ一度遊ばれることをオススメします!

 

長くなりましたが、お読みいただきありがとうございました。