(前回の続き)ポケモン映画音楽で好きなもの。

さて、昨日中途半端になってしまったので、今日こそ好きなポケモン映画音楽を紹介させていただこうと思います。
映画ごとにご紹介。


注意点っぽいもの。
・中身はかなり薄いというか、適当な感想しか入っていないと思いますw
記事の下書きとしてパソコンのメモ帳に本当にメモ書き程度に入力したものもそのまま残っているので、敬語と独り言がごっちゃまぜです……。
・CD未収録曲については分からないので、CDに入っているものの範囲での紹介となります。

 

ミュウツーの逆襲
全般的に好き。他の映画とは(音楽も)一線を画す重苦しさがあって逆に好きです(笑)

ロケット団につきまとう影
ミュウのテーマ曲的なもの?「誕生」ではミュウツーとアイが数字を数え合うかわいらしい場面で使用。
曲自体もかわいらしい雰囲気なので好き。

 

♪対決!本物対コピーポケモン
各トレーナーのフシギバナカメックスリザードンと、コピーの3体とそれぞれ戦う場面で流れる曲。
かっこいい。

コピーたちとコピー元のポケモンたちが壮絶な殴り合いをする場面で使用された曲(「本物とコピー!強いのはどっちだ!」)はアニメで元々使用していたものを映画用にアレンジしたものみたいですが、こっちはどうなんでしょう。


♪奇跡の涙
タイトルの通り、コピーもコピー元のポケモンもみんな涙を流し、サトシの石化が解かれるあの場面で流れる曲。
ポケモン映画音楽を一挙に聴くこともあるけど、「奇跡の涙」ほど感動を誘う曲はないと思ってる。
後日談にあたる「ミュウツー!我ハココニ在リ」のラストシーンでも使われましたが、こちらのラストシーンにもぴったり合っています。

疲れた時とか、辛くなった時に聴いてます(笑)最後の盛り上げ部分で気持ちも明るくなっていくような気がするのです。

 

●ルギア爆誕
♪脱出!
「最後のお宝を手にしたサトシが、ルギアとともに祭壇へと向かうシーンで使われている曲」(ルギア爆誕のサントラCDより引用。)
緊迫感が漂いながらも、使命を果たすべく奮闘している様子(?)が伝わってきます……

♪惑星(ほし)の鼓動
「奇跡の涙」並みに感動的な曲。(※あくまで個人の感想です)
最初のフルーラの笛から始まり、徐々に壮大になっていくのがいいですね。映画の壮大なラストシーンが浮かんできます。

 

●結晶塔の帝王 ENTEI(エンテイ
CDに入ってる曲が少ないよー!!省くのも可哀想なので、一曲だけ挙げてみますw

エンテイのテーマ
エンテイらしい力強い雰囲気が出ているので好きです!

 

●水の都の護り神(ラティアスラティオス
♪謎の少女、再び(迷宮)
確かこの曲は、いつもの宮崎さんではなく別のアーティストが手掛けていらっしゃるんですよね。私の両親はよく知っているようでしたが……
ラティ兄妹の映画の話になるとよく話題になることが多い(気がする)曲。
ラティアスを追って、サトシとピカチュウがアルトマーレの街の中を走り回るところで使われていますね。
「一体あの少女は誰!?」という不思議に満ちた感じと、迷路の中に入ってしまったかのような感覚になるアニメーションが相まって素晴らしい一曲になっています。
迷子になってしまったかのような不安な雰囲気も感じられますが、この曲を聴くと不思議な懐かしさに心が癒されます……。幼い時に迷子になった記憶が蘇るような(そうなのか!?

ラティオスの元へ!
怪盗姉妹に捕らえられてしまったラティオスを助けるべく、ラティアスとサトシ、ピカチュウが向かっていく場面。
水上レースで使った乗り物に乗って向かいますが、途中怪盗姉妹が蘇らせた化石ポケモン(確かカブトプスプテラ?)に追いかけられ、彼らの猛攻を交わしながら乗り物を走らせる緊迫した場面です。
イントロのドラムが好き。かっこいい。

 

●七夜の願い星 ジラーチ
♪移動遊園地
わくわく感を誘うオープニングの映像が印象深い。
何か、壮大な出来事が始まる前の「序曲」みたいな……そんな雰囲気でしょうか。
この曲にのせて遊園地が出来上がっていくのがすごく良いと思います。

ジラーチ・パワー
マサトの願いを聞き入れ、お菓子を出しまくっちゃう場面。無邪気なジラーチかわいい。

ジラーチ救出!!→♪フライゴン登場→♪ラストバトル!!
その名の通り、ジラーチ救出→メタグラードンとの戦いの際に流れた一連のBGM。ぜんぶかっこいい。

 

●裂空の訪問者 デオキシス
ごめん、映画自体があんまり印象に残ってないんだ……。
主題歌「L・O・V・E・L・Y~夢見るLovely Boy~」のアレンジは良かったと思う。
あと一個挙げるとしたら……
♪団結!
すみません、どんな場面だったかさっぱり思い出せない……
ただ、こう、困難から立ちあがってみんなで頑張ろうとしてる、まさに「団結!」という雰囲気は伝わってきます。

 

●ミュウと波導の勇者 ルカリオ
♪アーロン1(アーロン2)など
アーロンのテーマ曲かっこよすぎ。
杖に閉じ込められたルカリオの宿命というか悲しみというか……使命感というか……
なんというか、色んな感情を背負って何かに立ち向かっていく感じがすごく出ててかっこいいです。
(「応戦だ!!」や「命かけて」にもアーロンの曲の雰囲気が使われています)

「はじまりの樹」とつく音楽も、神秘的な雰囲気が伝わって来て好き。

 

ポケモンレンジャーと蒼海の王子 マナフィ
なんかかっこいい曲が多い!!あと海を意識した曲調がいいと思う。
話はおぼろげながら覚えているのですが、曲が流れたタイミングまではもう記憶にないです……
というわけで単純に曲の感想だけ書いていきます。

♪オープニング~水中ポケモンショー~
海っぽい雰囲気・水中ショーを表現した楽しい音楽が素敵。スティールドラムいいわやっぱ。
具体的なアニメ映像はもう思い出せないのですが、曲だけでもワクワク感が伝わってきます!

♪ハルカの夢
夢の中な感じが出ていていい。

♪出発!航海へ!
冒頭の笛系の楽器(←適当)の音とか、雰囲気が好き。

マナフィのために
ピアノソロはいいね

オニドリル~キャプチャオン~
かっこええ!

♪息の続く限り…
他のポケモン映画のBGM(緊張感がある系のやつ)とはまた違った感じの緊迫感が出ていていい。


ディアルガVSパルキアVSダークライ
こちらに至っても一度観たきりですので、具体的な場面は覚えていません……。

ダークライのテーマっぽい曲全般
(「ダークライ出現!!」、「ダークライ命を懸けて」、「ダークライ 影の中から」)
闇の世界の住人って感じが出ててすごく好きですねwそれでいて、ダークヒーローな雰囲気もあって素敵。

ダークライVSべロベルト(アルベルト)
アニメ劇中でも使われていた、原作(ゲーム)の戦闘BGM(VSジムリーダー)の映画用アレンジですが、曲の始まりにかけて段々盛り上がってくる感じなのが素敵。

♪時空の塔へ
緊迫感と重厚感が素敵。


●氷空の花束 シェイミ
♪最後のシードフレア
花が開いて、上昇していくような感じ←わかんねーよ
まさに映画副題の「氷空の花束 シェイミ」にぴったりって感じ。
似たようなメロディが他の曲でも何度も出てきます。

 

☆おまけ?☆
毎回流れる「劇場タイトルテーマ」

原曲は初代ポケットモンスター(赤・緑)で、アニメ用にもこのアレンジがありますが、映画バージョンは更に壮大。
映画2作目からシェイミまで(ある限りで)でプレイリストを作り、各年のタイトルテーマだけを一挙に聴くというアホらしいことをしたことがありますが、年を重ねるごとにだんだんと壮大になっていってすごく面白いですwww

 

映画1作目では、ミュウツーのセリフのあとにこのBGMがかかるという大変にかっこよい使用のされ方でした。(笑)
サントラCDの方にもミュウツーのセリフ付きで入っております!(笑)

2作目(ルギア)は和楽器の笛の甲高い音と共に始まり、ちょっと独特です。
ラティ兄妹は比較的シンプルかも?

2003年(ジラーチ)あたりから前奏がどんどん長くなっていき、壮大さも増していくようです。

各映画のタイトルテーマ演奏時間。(笑)
ルギア 26秒
ラティ 38秒
ジラーチ  28秒
デオキシス 50秒
ルカリオ 1分31秒
マナフィ 1分9秒
ダークライ 39秒
シェイミ 1分22秒

ルカリオは前奏(?)に劇中でよく流れるメロディがくっついているので、このオープニング曲だけやたらかっこよく聞こえます(笑)
マナフィも、いつものテーマ曲の前に、劇中に使われたメロディがくっついていますね。

ダークライになると、あのメインテーマは聞かれなくなってしまいます……別のタイトル曲が用意されたようですね。

シェイミで再び、恒例のタイトルテーマ復活。前奏がまた壮大です。やはりシェイミのテーマっぽいメロディがくっついています。