見えない声

f:id:sitonemaru:20170317001603j:image

 

「これだからお前は……」

「そうやってノロノロしてるのがいけないんだ!」

「そうやって機会を逃し続けて、あなたは一体何をやってるの?!」

 

見えない誰かにいつも叱られている日々。

いつもどこからか聞こえてくるその声は、一体誰の声なんでしょう……

 

叱ってばかりいても何もならないのに。

 

その声たちも、結局は幻想だったと気付くこともあって。

もうちょっと、別の声を聞き入れてみてもいいのかもしれません。