読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新しいらくがきとささくれさんの曲についての雑多な記録

雑記

 

f:id:sitonemaru:20170420220244j:plain

久々に絵を描きました。

人物模写を一回やったあとに描いてみたらやっと形になりました。

最近、オリジナルのキャラを描こうと思っても(頭に構想が浮かんでも)描き起こす力が出ず、やっとエンピツを手に取っても、顔の輪郭だけ描いたところで「ああ、だめだぁ」となって描くのをやめてしまったり。。。

 

まだしばらくスランプっぽい状態は続きそうなので、模写を楽しみつつオリジナルのイラストも描いていきたいところです。

 

 

 

おまけの雑記(?)。

 

f:id:sitonemaru:20170420222127j:plain

勢いでsasakure.UKさんのCD買っちゃいました!

ブックオフオンラインにてDVD付きの中古が安かったので……。

ここ最近は毎日のように聴いてます笑

ささくれさんを知るきっかけになった曲「*ハロー、プラネット。」は聴いてて勇気が出てくる気がして(笑)あえて辛い時とか、元気出したい時に聴いてます。悲しく切ない歌ではありますが、それでも曲調が明るいのがすごく良いと思います。

 

どこかのサイトでも読んだのですが、ささくれさんの曲って聴けば聴くほど味が出るというか……繰り返し聴いているうちに「この詞ってこういう意味かも!」という閃きが湧いてくることがあって。

聴くほどに深みを増していく世界観が素晴らしいなあと思います。

一回では理解しきれないけど、何度か見聞きするうちに理解が深まってくるっていう作品、個人的にすごく好きです(笑)

 

 

CDで初めて聴いていいなあと思ったもの(4/21 動画リンク一部追加致しました):

♪マリィの世界

 (絵本の中の?)「理想の世界」にとらわれていたけれど、最後は「現実を踏みしめていく」っていうストーリーが良い。「理想の中の私に サヨナラを言わせて」っていう詞が好きです!

 

♪*サヨナラ、ワールドエンド。

「*ハロー、プラネット。」と対になるような曲で、こちらはだいぶ悲しい雰囲気です。。。

「ハロプラ」では明るく歌っていた彼女だけど、本音が現れているのがこっちの「ワールドエンド」なのかなあ……と思いました。

 

♪カムパネルラ

字面だけで「あっ!」と感じる方もいるかもしれません。宮沢賢治銀河鉄道の夜」のあのカムパネルラです。一回読んだことのある人ならグッとくるのではないかと。

www.nicovideo.jp

 

 

♪蜘蛛糸モノポリー

こちらも芥川龍之介の「蜘蛛の糸」がモチーフ。

DVDで初めて動画も見ましたが、元の作品を活かしつつ独自の世界観を作り上げていていいと思います。

www.nicovideo.jp

 

 

(書き忘れがあったため4月21日追記)

♪ツギハギエデン

なんだか現代に問いを投げかけているように感じられる歌。

「こんなにも明日を投げ捨ててまで何を探してたの」

……ほんと、何探してたんでしょうかね。この歪な現代の社会で。。。

www.nicovideo.jp

 

 

ガラクタ姫とアポストロフ」もお気に入りなのですが、別のCDに入っているのでそちらもいずれ入手したいところです。

www.nicovideo.jp

 

無題:

ひとりごと

f:id:sitonemaru:20170412215227j:image

2月、なぜかフィリピン滞在中に思い浮かんだキャラ。ちょっときわどくてすみません。。。

髪の毛がモロ「なんとか財団」の人ですね。

サンムーンは序盤で止まってます……。ポケモンの攻略が超ノロノロなのはいつものことなのですが。

 

 

……本格的に忙しくなってきました。

ネタはないことはないのですが、なかなか文章をまとめる時間が取れず……しばらく更新頻度がかなり落ち込むのではないかと思います。いつも見てくださってる方には大変申し訳ありませんが、ご了承ください。。。

 

 

絵も、あまり描けなくなってきました。

……これは、何も忙しさのせいばかりではないと思います。

今週が始まってからというものの、どうもオリジナルの絵を描く気力が湧いてきません。いわゆる、スランプとかいうやつなのかもしれません。

その代わり、模写ならできるみたいで……練習期間っていうことなのかもしれません。

日曜日には「我ココ」の一場面でミュウツーさまの横顔模写したりしたんですがねw

上げるのは念のためやめときます。

 

 

……なんだか本格的に物騒になってきましたね……。

(定期的に聞こえるものなので)偶然かどうか知りませんが、近所の演習場から鈍い轟音が時折聞こえていました。

最近知ったばかりだったsasakure.UKさんの曲が妙にリアルさを帯びてきてる気がして……

 

(無駄なことかもしれませんが)何事も起きないことを心の底から祈っています。

 

「ドリドリ」の初回生産限定盤を手に入れた!(今更)▼

タイトルの通りです。
近所の書店で偶然手に入れました。せっかくなので感想を残そうと思います。

ドリドリ(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)

 

アニメのポケモンはXYシリーズもまともに見ていなかったので、EDテーマの「ドリドリ」もまともに聞いたことがありませんでした。なのになぜ買ってしまったかというと……


ドリドリの初回生産限定盤には、ゲームのポケモンXYのエンディングで流れた「KISEKI」の中川さん歌唱バージョンが収録されていると聞いたからです。

初めて「KISEKI」を聴いたとき、そして下画面に流れる歌詞を見た時には本当に感激してしまいましたが、やっぱり歌詞が付いていると、誰かが歌ったバージョンとかも聴いてみたくなってしまいます。
ゲームで流れる「KISEKI」はあくまでBGMであり、誰の歌声も入っていないのですよね。
そこにも意味を感じられる(意図的に入れなかったんだろうなあ、という)ので良いと思いますが。

 

で、ポケモン愛のとても強いことでも知られている中川さんが歌われているということで、ぜひとも聴いてみたいと思っていました。歌唱力もありますし、かなり期待していました。


しかし、通常バージョンの「ドリドリ」やその他のCDでは聴けないようで……この先もずっと聞けないものだと思ってました。

 

が、先日、偶然にも近くの書店に置いてあったのを見かけたので、速攻で(※厳密には翌日に……速攻でも何でもないっすね)購入いたしました。

 

冒頭の「♪この星の~ 同じ時代に~♪」で早くも目からハイドロポンプ
聴いてる間涙が止まりませんでした……。

でも、XYをプレイしていなかったら、曲を聴いても泣けなかったかも知れないなあ……と思います。


詩に「花」とか「つぼみ」とか出てくると、どうしてもあの人とあのポケモンさんのことを思い出さずにはいられません。


ドリドリも、改めて聴いてみるといい曲ですね。冒頭のテンション上げてくぜ!的な感じの音が好きです(笑)
女の子パワーが炸裂している感じで、可愛らしいけれどキラキラ明るい強さが感じられていいと思います!カラオケとかで歌ったら盛り上がりそう。


初回特典のDVDも鑑賞させていただき、はじめて「ドリドリ」の映像を見ました^^;
率直な感想を書くと「うわぁ、アニメーションすげえ凝ってる!!さすがXY!!(笑)」


ミュージックビデオのアニメバージョンみたいな感じで、気分も明るくなる楽しい映像でした^^

映像中のセレナちゃんが大変に可愛らしい。ヤンチャムフォッコもかわいいなあ……
うーむ、ファンがセレナちゃん好きになる気持ちも分かる気がする……

(前回の続き)ポケモン映画音楽で好きなもの。

雑記

さて、昨日中途半端になってしまったので、今日こそ好きなポケモン映画音楽を紹介させていただこうと思います。
映画ごとにご紹介。


注意点っぽいもの。
・中身はかなり薄いというか、適当な感想しか入っていないと思いますw
記事の下書きとしてパソコンのメモ帳に本当にメモ書き程度に入力したものもそのまま残っているので、敬語と独り言がごっちゃまぜです……。
・CD未収録曲については分からないので、CDに入っているものの範囲での紹介となります。

 

ミュウツーの逆襲
全般的に好き。他の映画とは(音楽も)一線を画す重苦しさがあって逆に好きです(笑)

ロケット団につきまとう影
ミュウのテーマ曲的なもの?「誕生」ではミュウツーとアイが数字を数え合うかわいらしい場面で使用。
曲自体もかわいらしい雰囲気なので好き。

 

♪対決!本物対コピーポケモン
各トレーナーのフシギバナカメックスリザードンと、コピーの3体とそれぞれ戦う場面で流れる曲。
かっこいい。

コピーたちとコピー元のポケモンたちが壮絶な殴り合いをする場面で使用された曲(「本物とコピー!強いのはどっちだ!」)はアニメで元々使用していたものを映画用にアレンジしたものみたいですが、こっちはどうなんでしょう。


♪奇跡の涙
タイトルの通り、コピーもコピー元のポケモンもみんな涙を流し、サトシの石化が解かれるあの場面で流れる曲。
ポケモン映画音楽を一挙に聴くこともあるけど、「奇跡の涙」ほど感動を誘う曲はないと思ってる。
後日談にあたる「ミュウツー!我ハココニ在リ」のラストシーンでも使われましたが、こちらのラストシーンにもぴったり合っています。

疲れた時とか、辛くなった時に聴いてます(笑)最後の盛り上げ部分で気持ちも明るくなっていくような気がするのです。

 

●ルギア爆誕
♪脱出!
「最後のお宝を手にしたサトシが、ルギアとともに祭壇へと向かうシーンで使われている曲」(ルギア爆誕のサントラCDより引用。)
緊迫感が漂いながらも、使命を果たすべく奮闘している様子(?)が伝わってきます……

♪惑星(ほし)の鼓動
「奇跡の涙」並みに感動的な曲。(※あくまで個人の感想です)
最初のフルーラの笛から始まり、徐々に壮大になっていくのがいいですね。映画の壮大なラストシーンが浮かんできます。

 

●結晶塔の帝王 ENTEI(エンテイ
CDに入ってる曲が少ないよー!!省くのも可哀想なので、一曲だけ挙げてみますw

エンテイのテーマ
エンテイらしい力強い雰囲気が出ているので好きです!

 

●水の都の護り神(ラティアスラティオス
♪謎の少女、再び(迷宮)
確かこの曲は、いつもの宮崎さんではなく別のアーティストが手掛けていらっしゃるんですよね。私の両親はよく知っているようでしたが……
ラティ兄妹の映画の話になるとよく話題になることが多い(気がする)曲。
ラティアスを追って、サトシとピカチュウがアルトマーレの街の中を走り回るところで使われていますね。
「一体あの少女は誰!?」という不思議に満ちた感じと、迷路の中に入ってしまったかのような感覚になるアニメーションが相まって素晴らしい一曲になっています。
迷子になってしまったかのような不安な雰囲気も感じられますが、この曲を聴くと不思議な懐かしさに心が癒されます……。幼い時に迷子になった記憶が蘇るような(そうなのか!?

ラティオスの元へ!
怪盗姉妹に捕らえられてしまったラティオスを助けるべく、ラティアスとサトシ、ピカチュウが向かっていく場面。
水上レースで使った乗り物に乗って向かいますが、途中怪盗姉妹が蘇らせた化石ポケモン(確かカブトプスプテラ?)に追いかけられ、彼らの猛攻を交わしながら乗り物を走らせる緊迫した場面です。
イントロのドラムが好き。かっこいい。

 

●七夜の願い星 ジラーチ
♪移動遊園地
わくわく感を誘うオープニングの映像が印象深い。
何か、壮大な出来事が始まる前の「序曲」みたいな……そんな雰囲気でしょうか。
この曲にのせて遊園地が出来上がっていくのがすごく良いと思います。

ジラーチ・パワー
マサトの願いを聞き入れ、お菓子を出しまくっちゃう場面。無邪気なジラーチかわいい。

ジラーチ救出!!→♪フライゴン登場→♪ラストバトル!!
その名の通り、ジラーチ救出→メタグラードンとの戦いの際に流れた一連のBGM。ぜんぶかっこいい。

 

●裂空の訪問者 デオキシス
ごめん、映画自体があんまり印象に残ってないんだ……。
主題歌「L・O・V・E・L・Y~夢見るLovely Boy~」のアレンジは良かったと思う。
あと一個挙げるとしたら……
♪団結!
すみません、どんな場面だったかさっぱり思い出せない……
ただ、こう、困難から立ちあがってみんなで頑張ろうとしてる、まさに「団結!」という雰囲気は伝わってきます。

 

●ミュウと波導の勇者 ルカリオ
♪アーロン1(アーロン2)など
アーロンのテーマ曲かっこよすぎ。
杖に閉じ込められたルカリオの宿命というか悲しみというか……使命感というか……
なんというか、色んな感情を背負って何かに立ち向かっていく感じがすごく出ててかっこいいです。
(「応戦だ!!」や「命かけて」にもアーロンの曲の雰囲気が使われています)

「はじまりの樹」とつく音楽も、神秘的な雰囲気が伝わって来て好き。

 

ポケモンレンジャーと蒼海の王子 マナフィ
なんかかっこいい曲が多い!!あと海を意識した曲調がいいと思う。
話はおぼろげながら覚えているのですが、曲が流れたタイミングまではもう記憶にないです……
というわけで単純に曲の感想だけ書いていきます。

♪オープニング~水中ポケモンショー~
海っぽい雰囲気・水中ショーを表現した楽しい音楽が素敵。スティールドラムいいわやっぱ。
具体的なアニメ映像はもう思い出せないのですが、曲だけでもワクワク感が伝わってきます!

♪ハルカの夢
夢の中な感じが出ていていい。

♪出発!航海へ!
冒頭の笛系の楽器(←適当)の音とか、雰囲気が好き。

マナフィのために
ピアノソロはいいね

オニドリル~キャプチャオン~
かっこええ!

♪息の続く限り…
他のポケモン映画のBGM(緊張感がある系のやつ)とはまた違った感じの緊迫感が出ていていい。


ディアルガVSパルキアVSダークライ
こちらに至っても一度観たきりですので、具体的な場面は覚えていません……。

ダークライのテーマっぽい曲全般
(「ダークライ出現!!」、「ダークライ命を懸けて」、「ダークライ 影の中から」)
闇の世界の住人って感じが出ててすごく好きですねwそれでいて、ダークヒーローな雰囲気もあって素敵。

ダークライVSべロベルト(アルベルト)
アニメ劇中でも使われていた、原作(ゲーム)の戦闘BGM(VSジムリーダー)の映画用アレンジですが、曲の始まりにかけて段々盛り上がってくる感じなのが素敵。

♪時空の塔へ
緊迫感と重厚感が素敵。


●氷空の花束 シェイミ
♪最後のシードフレア
花が開いて、上昇していくような感じ←わかんねーよ
まさに映画副題の「氷空の花束 シェイミ」にぴったりって感じ。
似たようなメロディが他の曲でも何度も出てきます。

 

☆おまけ?☆
毎回流れる「劇場タイトルテーマ」

原曲は初代ポケットモンスター(赤・緑)で、アニメ用にもこのアレンジがありますが、映画バージョンは更に壮大。
映画2作目からシェイミまで(ある限りで)でプレイリストを作り、各年のタイトルテーマだけを一挙に聴くというアホらしいことをしたことがありますが、年を重ねるごとにだんだんと壮大になっていってすごく面白いですwww

 

映画1作目では、ミュウツーのセリフのあとにこのBGMがかかるという大変にかっこよい使用のされ方でした。(笑)
サントラCDの方にもミュウツーのセリフ付きで入っております!(笑)

2作目(ルギア)は和楽器の笛の甲高い音と共に始まり、ちょっと独特です。
ラティ兄妹は比較的シンプルかも?

2003年(ジラーチ)あたりから前奏がどんどん長くなっていき、壮大さも増していくようです。

各映画のタイトルテーマ演奏時間。(笑)
ルギア 26秒
ラティ 38秒
ジラーチ  28秒
デオキシス 50秒
ルカリオ 1分31秒
マナフィ 1分9秒
ダークライ 39秒
シェイミ 1分22秒

ルカリオは前奏(?)に劇中でよく流れるメロディがくっついているので、このオープニング曲だけやたらかっこよく聞こえます(笑)
マナフィも、いつものテーマ曲の前に、劇中に使われたメロディがくっついていますね。

ダークライになると、あのメインテーマは聞かれなくなってしまいます……別のタイトル曲が用意されたようですね。

シェイミで再び、恒例のタイトルテーマ復活。前奏がまた壮大です。やはりシェイミのテーマっぽいメロディがくっついています。

アニポケ見ました(4月6日放送分)

雑記

今日のアニポケ、観ようかどうか迷っていたのですが結局視聴。
……すごかったです。ニャビーの回。
私の地元なんかがそうでしたが、放送時期が異なる地域もありますので(録画で後で視聴する方もいらっしゃるでしょうしね)、以下白文字で反転しますね。

 

……感想の内容も簡単なものなので、こんなふうに書きたかったのですが。


「白文字で隠す(反転)」というのも、もうある意味死語になってしまうのでしょうか。
思えばスマホとかで見ようとすると、ドラッグして白い文字を表示することもできませんよね。
ニコニコ大百科とかで反転している字を読みたい時は、反転部分をコピーしてメモなどにペーストする……という感じでなんとか読んでますw
そんなこともあるので反転はやめました。

 

以下、ネタバレ含みますので視聴がまだの方要注意です。

=================================

 

 

 

ムーランドの行く末を枯れ木の葉っぱで表現しているところがすごかった。
死……を、直接的にではなく、間接的に描いていますが、表現が巧みだなあと感心せざるを得ません。
ポケモンセンターでのジョーイさんとサトシとの会話も、一番重要な部分をあえて視聴者に聞かせないようにしてたり……意図的にセリフを隠しているような場面がありましたね。
雨に打たれて泣き叫ぶニャビーを見ているとこちらまで悲しくなってきますね……。
雨が上がり、虹の向こうに飛んでいく木の葉。ムーランドにそっくりな雲が浮かんでいます……
亡きものが雲の形をとって現れるっていう描写はよくあるものかと思いますが、ムクムクした体のムーランドだからこそこの表現(雲になって現れている)が活きているのかなあと感じました。

そしてニャースがただのイケメン。同じネコですし、ニャースも色々あったみたいですから、ニャビーのこと放っておけなかったのかもしれないですね。

 

=========================

オチがなくてすみませんが、とりあえず忘れないうちに感想を残しておきたかったので……

スタッフロールをちゃんと見るのを忘れていましたが、今回脚本はどなただったのかしら……あとで確認しよう。

ポケモン映画音楽について語る(つもり)

雑記

色々あってこの二日間ずっと履歴書を書いていました……
どうしてこう、履歴書って疲れるんでしょう。私が力入れ過ぎてるんだろうな、きっと。
四月に入って熱は出すし、お腹の調子は最悪だしで、心身ともにやられちゃってます。
休む時間を確保することもままなりません……

 f:id:sitonemaru:20170405225111j:image

 

今、ポケモンの映画音楽をヘッドフォンで聴きながら打っているのですが、
やっぱり音楽って癒しですね……。ちょっとずつですが、多忙さに荒んでいた心が落ち着いてくるのが分かります。

 
先日、なんとなく思い立って「ポケモン映画 好きなBGM」で検索かけてみました。
私、何でも思いつくと、すごくくだらないことでもつい検索してしまうのです……変な探求心。。。

で、いくつか掲示板の書き込みがヒットしたのですが、そこまで話題性は強くない様子。
掲示板の書き込みを見ても、「どうしてポケモン映画の音楽って話題に上らないんだろう」
と言っている方もいらっしゃいました。
……確かに。


私の家庭では映画に深く親しんでいる者がいるため、家族旅行の際に車の中で映画音楽を流したりするなど、日常的に映画音楽に触れる機会がありました。
が、普通は映画音楽のCDを持っていたり、車でBGMとしてかけたりっていうことをする人はあまりいないのかな?と思います。

元々映画に関心のある方なら、バックに流れる音楽にも関心が強く向くのではないかと思いますが、
普段からあまりBGM(映画音楽)に関心のない人は、観た後になって「あの場面のあの音楽がすごかったなあ!」とわざわざ音楽のことを持ち出して語ることもないのかもしれないなあ……それが話題の上らない原因なのかも……?と、今文章を打ちながらなんとなく思いました。本当のところは違うのかもしれませんが。


私も、ポケモンの映画音楽について考え始めたのは割と最近のことです。
『サウンドピクチャーボックス ミュウツーの誕生』*1を購入したのがきっかけだったのかも?

 

私の家には、なぜか「水の都の護り神(ラティアスラティオス)」のCD……をダビングしたカセットテープがありました(時代w)
このため、「水の都の護り神」のBGMだけは繰り返し聞くことができました。幼いうちに何度も聞いていたため、使用されたBGMも大人になるまではっきり記憶に残っていました。
おそらく、一緒に観に行った家内の者が劇中の音楽を気に入り、主題歌を聞くためにCDをレンタルしたのではないかと考えています。ネットの評判を観ても、「水の都の護り神」の音楽はかなり好評のようですね。


ポケモンの映画音楽も、改めてCD等でじっくり聴くと、曲の良さがすごく伝わってきます。
特に、映画を観た直後にCDを聞くと、「ああ~、あの場面で流れてたなあ!あの場面を盛り上げるのにピッタリの良曲だなあ」と感心してきます。

ミュウツーの逆襲』をきっかけに改めてポケモン映画BGMにもハマりはじめ、TSUTAYAで借りられる限りのポケモン映画のCDをレンタルし始めました。
ミュウツーはじめ、ルギアやエンテイなど、レンタルでの取り扱いがないものは……中古で購入しましたw
こういう時にAmazonさんって便利なんですよね……

 

今、手元ある音源はこんな感じです。
ミュウツーの逆襲
・ルギア爆誕
・結晶塔の帝王 ENTEI(エンテイ
・水の都の護り神(ラティアスラティオス
・七夜の願い星 ジラーチ
・裂空の訪問者 デオキシス
・ミュウと波導の勇者 ルカリオ
ポケモンレンジャーと蒼海の王子 マナフィ
ディアルガVSパルキアVSダークライ
・氷空の花束 シェイミ

(「セレビィ」は音源入手していません。購入を検討してはいますが……
ゾロア」以降はまだ視聴していないため、音楽も聞いていません……いつか映画も見て音楽もじっくり聴きたい!)

 

さて。
本当はここで「ポケモン映画のお気に入りBGMを紹介します!」と行きたかったのですが、
ポケモン映画BGMについて思うことを色々書いていたら既に長文(駄文)に……

というわけで、お気に入りの音楽についてはまた次の機会に書きますね^_^;
皆さんのポケモン映画音楽の思い出などありましたら、聞かせていただけると嬉しいです。

 

(画像:ポケモン映画のお気に入りのBGMを詰め込んで一枚のCDに焼き直したものですw

ブログが文章ばっかでさみしいので何となく掲載。このCDを作成した後にダークライマナフィエンテイの音源を手に入れたので、もう一回再編集したものを作ろうと思っていたり……w

もちろん、使用は個人的な範囲に限っておりますのでご安心ください。)

*1:『逆襲』の前日談である『ミュウツーの誕生』が録音されたラジオドラマCDと、劇中のサントラCDが2枚組でセットになっています。『ミュウツーの誕生』(※60分超)を10分程度に短縮して映画冒頭にくっつけたのが、現在私たちがDVDや再放送などで見かける『ミュウツーの逆襲 完全版』です。初めて『ミュウツーの逆襲(完全版)』をDVDで観た時はそのことを知らず、映画放映当時も、ミュウツーとアイの悲しいお話が本編にくっついているもんだと思っていました……

嘘と本当

らくがき

f:id:sitonemaru:20170401230057j:image

エイプリルフールの日(つまり昨日w)、ふいに頭に浮かんだので描いてみました。

最近では「嘘の戦争」ってドラマもありましたが(1話しか見ませんでしたがね)、

「嘘」ってこう、人間の本質的な部分に迫れそうというか。作品の題材として扱うには面白いテーマだと思います。

 

f:id:sitonemaru:20170401230124j:image