読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オリキャラ図鑑#1

f:id:sitonemaru:20170521224208j:image

オリキャラ図鑑」なるカテゴリーを作ってみましたが、どこまで続くやら……

行けるところまで頑張ってみようと思います。

 

名前: サナ

草の妖精。

みんなのリーダーのような存在。

 

小学校3年生の頃に考えたキャラクター群の一人です。

妖精さんシリーズで、他にも色々います(笑)

それぞれ自然の一部を司る妖精たちで、どこかの世界にあるらしい「命の樹」の中に棲んでいるっていう設定です。

「キツネドラゴン」という謎の生命体に変身できます。

……小3の自分に聞きたい。キツネなのかドラゴンなのか、どっちなんだい。

 

 f:id:sitonemaru:20170521231529j:image

制服姿もあるよ!(誰得

妖精さんたちは近所の高校に女子高生のフリをして通ってる、なんて設定も。

 

左は、考案してから2年後(=小学校5年生)のときに描いたマンガに登場させたときのデザイン。

なんか別人みたいな風格!?

たぶん、元々のサナとは別次元の存在っていう設定で描いたと思うのですが(アニメとかマンガによくありそうな、パラレルワールドとか……見かけは同一だけど中身は違うよみたいなw)、

その作中で悲しい死を迎えてしまいます……

 

5月なので、草や緑にまつわるキャラを描いていきたいなと思ったのですが、あっという間に5月も下旬……ここ最近なんか、暑すぎて夏のような空気すら感じられますね。

 

描きながら聴いてた曲:

be natural

Ever green

野生の太陽

fairy garden

 

……いずれも岩男潤子さんです(笑)

f:id:sitonemaru:20170516231020j:image

人の目を見て話を聞きなさい。

 

中学生くらいのとき、担任の先生から注意されました。

どうやら私は人の目を見るのが苦手らしいということに、そのとき気がつきました。

 

人と話すことは好きです。

見知らぬ人との出会いにも、心踊るものがあります。

基本的に人が好きなはずなのです。

 

しかし、同じくらい、

他人が怖いのです。

幼少期は人から傷付けられた経験も多かったので、そのときの影響もあって、他人の目を見られなくなってしまったのかもしれない……と考えています。

 

今でもきっと、人の目を見て会話することがきちんとできていないんだろうなって思っていました。

 

「君、ちゃんと人の目を見て話を聞いてくれてるよね。」

 

これはつい最近言われた言葉です。

 

言われるまで、全然気付きませんでした。

ようやく、他人とちゃんと話せるようになってきたのかなあなんて思いました。

 

なくしたものは なんだったんだろう

f:id:sitonemaru:20170516100415j:image

 

目の前のことに追われていると、本当に大事なことも見失っていくようです。

ここ数日はとにかく物をなくしてしまうことが多くて……。

忙しくても心にゆとりをもつことって大事だなあと思います。

嵐の中で

f:id:sitonemaru:20170514223704j:image

 

あらしの〜なかでかがやいて♪

 

っていうイントロで始まるガンダムの歌がありますが、あれ好きです笑

本編全然知らないんですけどね(言わんでいい

 

 

大事なものをどこかに忘れ、電車には乗り遅れ、貴重な時間を無駄なことに使い……

踏んだり蹴ったりで、気が滅入っていました。

が、いつまでも沈んでいたって仕方ないですね。

とりあえずやるべきことはやって、また前を向いて頑張っていこうと思いました。

Music is my Power.

f:id:sitonemaru:20170507082203j:image

 

 

 

どうしてもやる気が出ない、それでもやらなければいけないことがある時……
私はゲームの戦闘のBGMを聴きます(笑)
ポケモンのバトル曲とかですね。
不思議とモチベーションが上がってきて、しばらくの間は集中して取り組むことができます。
絵を描くときにも音楽は欠かせないですね。
逆に、疲れたときには、好きな音楽や優しい音楽を聞いて癒されています。
ほんと、音楽って力になるなあ……と思います。

置き去りにされたもの

f:id:sitonemaru:20170505200834j:image

あの時は確かに動いていた もの。
ここに置かれた ボク は
アイされて いたの?

 

 

 

……すごい不気味ですね、すみませんw

うーん、もうちょっとごちゃごちゃさせた方がよかったな。

気力が持たず適当に済ませてしまいました。。。

 

近所を歩いていたら、廃屋を見つけました。

すごい量のゴミ(?)が置き去りにされていて……そこから発想を得て描いたつもりです……。

なんかこう、廃屋って何とも言えない虚しい雰囲気がありますね。